協会理念・目的

協会理念

子どもたちに、新しい世界に触れる機会と選択を

CHIMERA Unionは、エクストリームスポーツや、ストリートスポーツをはじめ
子どもたちがあらゆるカルチャーに出会える機会をつくり、
自身が体験することによってその世界に興味を持ち、
夢の選択肢となる環境をつくりだすことを目的としています。

CHIMERA協会の目的

CHIMERA Union創設の目的

あらゆるカルチャーに出会い、体験を通じて人々が融合しつながる環境を生み出すことを目的に、新しいジャンルのスポーツの普及、選手育成、競技振興、競技や関連する新規事業を推進していきます。
また、スポーツを通じて、人間教育や、スポーツ学などを取り入れたプログラムによる、心身の健全な発育を目指すなどの社会貢献活動を目指して、協会として、以下の取り組みをスタートしていきます。

CHIMERA協会の目的①:
競技の普及活動、啓蒙啓発、事業化

ストリートカルチャーやそこから派生したスポーツアクティビティーを世の中に浸透、拡散していき新しいスポーツコンテンツを創出。ルール化、大会の開催などを通じ、その競技を日本・アジアやがて世界へ向けて普及活動を行っていきます。
またスポーツを通じて形成される人間力の強化・人格形成・仲間づくりなど、スポーツの持つ効能を最大限活用し、子どもの心身の健全な発育、成長に寄与できるようなプログラム作りやスポーツ学の専門家指導を取り入れ、「安全」「安心」に楽しむ環境作りと、一般層が楽しめるコンテンツや事業展開を行なっていきます。

CHIMERAから生まれた新しいスポーツコンテンツ

  1. フリースタイルモトクロス(FMX)タッグマッチ
    モトクロスバイクでのアクロバティック演技を、コンビネーションで競うFMXのタッグマッチを考案。
    技を出すだけではなく、コンビネーション、駆け引き、二人の呼吸、さまざまな要素や技術の引き出しを発揮することでうまれるスペクタクルな「FMX タッグマッチ」はCHIMERA GAMESから誕生しました。
    競技人口が減少するFMXにおいて、ハイレベルな技を競う個人戦だけではなく、エンターテイメント性のある新しい競技として事業化して参ります。
  2. Duel Soccer
    ストリートサッカーからヒントを得て派生した1on1で競う「Duel Soccer」を考案。サッカー経験者であれば誰でもトライできる競技として事業化して参ります。

CHIMERA協会の目的②:
プレイヤーサポート、選手育成

ストリートやエクストリームスポーツのプレイヤーが、野球やサッカーなどメジャースポーツと同等に活動できる場を得ることによって、競技人口の底辺の拡大につながると考えています。
各競技へのプレイヤーの活動協賛を始め、各地方での大会、アマチュア大会から、より高みを目指せる全国大会の開催、世界大会の招致など、活躍できる場を増やし、未来の競技者を育成して参ります。

CHIMERA協会の目的③:
子どもたちへ新しい世界に触れる機会を創出

さまざまなエクストリームスポーツ、ストリートカルチャー、音楽やアートやフードなど、新しい世界に触れる機会としてCHIMERA GAMESを開催しております。CHIMERA GAMESを中学生以下無料にし、入りやすい環境にすることで、競技と触れ合い、世の中にはさまざまな仕事や楽しみ方など、人生を楽しむ選択肢があることへの気付きを得ることを目的としています。
また、学校施設内でできるジャンルを中心に、CHIMERAのトッププレイヤーたちが全国の学校を訪れ子どもたちに競技を体験いただく「School Caravan」を実施しています。実験的に取り組んだ静岡県では、子どもたちだけでなく、教育委員会、保護者の方から、「定期的に開催できないか」「いつでもできる場所をつくって欲しい」という声をいただき、さらに拡充して展開をしていきます。
CHIMERAを通じ、ひとりでも多くの子どもが、夢を持ったり、楽しめる場所、モノ、自分の居場所を見つけてくれることを期待しています。